アイフル 審査

アイフルの審査基準と必要書類

■アイフルの審査基準
アイフルでお金を借りれる人は、満20歳以上の定期的な収入と返済能力がある人です。
担保・保証人は不要です。 正社員でなくても、パートやアルバイトの人でも主婦の人でも収入があれば借りれるからイザという時でも安心して借りれます。
アイフルのホームページでは融資可能か1秒診断することができますので、お金を借りることを検討しているなら利用しましょう。

アイフルの一秒診断でお金を借りるか確認する

■アイフル審査の必要書類
アイフルで融資を受ける際にはもちろん借入可能かの審査がありますが、その審査には書類が色々と必要になってきます。
用意しないといけない書類は商品によって異なりますので、どのプランで借入するかをしっかり確認した上で漏れの無いように書類を準備しましょう。

〇全てのプランで必要な書類
 本人確認書類として
 ・運転免許証(運転免許証を持っていない人は、健康保険証、住民基本台帳カード、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、公的証明書類)

〇キャッシングローン、ファーストプレミアム・カードローン
 ・収入証明書類(源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書、所得証明書、給与明細いずれかのコピーを一部)

〇事業所サポートプラン(無担保ローン)
 【個人事業主の場合】
  ・収入証明書(確定申告書)
  ・事業内容確認書(書類は公式ページからDL可能)
 【法人の場合】
  ・収入証明書(決算書2期分)
  ・商業登記簿謄本(発行日より3ヶ月以内)

〇事業所サポートプラン(不動産担保ローン)
 【個人事業主の場合】
  ・収入証明書(確定申告書)
  ・事業内容確認書(書類は公式ページからDL可能)
  ・不動産登記簿謄本
  ・公図
  ・名寄せ台帳もしくは固定資産評価証明書
 【法人の場合】
  ・収入証明書(決算書2期分)
  ・商業登記簿謄本(発行日より3ヶ月以内)
  ・不動産登記簿謄本
  ・公図
  ・名寄せ台帳もしくは固定資産評価証明書

〇おまとめローン
 ・収入証明書類(源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書、所得証明書、給与明細いずれかのコピーを一部)
 ・他社借入条件などの確認ができる書類

〇目的別ローン
 ・収入証明書類(源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書、所得証明書、給与明細いずれかのコピーを一部)
 ・その他、目的別に見積り書や請求書等が必要


■アイフル1秒診断で審査可能かサクっと調べよう
色々と必要な書類がありますが、用意して申し込んでも審査に通らなければ意味がありません。
そんな時は申込み前に、借入が可能かどうかを簡単に診断してくれるコーナーがあります。
アイフルの「一秒診断」ページを開いて簡単な4項目を入力して診断開始ボタンを押すと、たった1秒で借入可能かどうかがわかります。

アイフルの1秒診断は初めて利用する人はもちろん、他社にも借金がある人でも借入が可能かどうかを気軽に調べる事ができるので便利ですよ。



アイフルでお金を借りれるか確認する