ブライダルローン おすすめ

お金を借りるならTOP > ブライダルローン おすすめ

油断していたら白紙になるかも!?
結婚にかかる諸費用をチェック!

結婚をするとなるとお金が色々とかかってきます。最近では結婚式をせずに済ますカップルも多いですが、思い出を残したいのなら結婚式は必須です。
結婚をするときに必要な費用は
「結婚式」→30〜300万円
「新居の費用」→50〜150万円
「新婚旅行」→10〜50万円
「婚約指輪」→10〜50万円
トータルで100〜550万円とかなりのお金が必要となってきます。

結婚をするために若い時からコツコツとお金を貯めて生活をしてきたとしても500万円以上貯めようと思ったら数年はかかりますよね。
月20万円ずつ積み立てたとしても500万円貯めようと思ったら2年程かかってしまいます。
しかもかなり節約した生活をしながら貯金をしないといけないので、精神的にもかなりストレスを感じ、結婚相手と喧嘩をしてしまい、せっかくの結婚が白紙になってしまうといった悲惨な展開になってしまうかもしれません。
授かり婚(できちゃった結婚)の場合だと2年も待ってもらう事なんてできませんよね。

便利に使えるブライダルローン
貸付条件をよく確認しないと損をする!

ブライダルローンとは、銀行や信販会社、ブライダル関連の企業にて取り扱っている金融サービスです。
結婚式場などでも式の費用に悩んでいるとブライダルローンを勧めてきますが、式場が紹介するブライダルローンは金利が高めに設定されているのであまりオススメはできません。
その反面、銀行のブライダルローンは比較的金利が低めに設定されていて信頼性も高いので利用するカップルは多いようです。
銀行によってはブライダルローンという名前をつけているところもあれば、多目的ローンと広い括りでサービスを提供しているところもあります。
ただ、いくら金利が安いからと言ってもタダではありません。
大体の銀行で約5〜8%程度の金利がつくため、300万円借りた場合(※実質年率5.475%で計算)毎月57,268円返済したとしても完済までにまる5年もかかってしまいます。トータルで343万6080円と43万円以上もの金利を支払わないといけません。
いくら金利が良心的とはいえ、この出費はかなり痛手ですね。

金利なんてバカバカしい!できるだけ払う金利を減らしたい!という人は、お祝儀を結婚費用に充当するという手もあります。
ただ、基本的にお祝儀は結婚式に来てもらった時に頂くものなので、結婚式の代金が前払いのところだとあまりアテにはできませんが、足りない分だけ一時的に借り、お祝儀を返済に充てるといった荒業も存在します。

例)
500万円(結婚にかかる総費用)−250万円(貯蓄分)‐150万円(親からの援助)=100万円不足
不足した100万円をローン会社から借り、貰ったお祝儀で借りた分を返済するといった感じです。

この場合だとお祝儀が入り次第、借入の返済が可能なので金利を最小限に抑える事ができます。
さらにお得に結婚資金を調達したい場合は無利息期間があるカードローンを選ぶといいでしょう。
例えば新生銀行レイクの場合、30日間は無利息でお金を借りる事ができます。
しかも借入額も1万円〜500万円までと借入可能額もかなり大きいので、結婚式などまとまったお金が必要な時にはピッタリですね♪
レイクの他にも無利息期間のあるキャッシング会社を調べてみたので参考にしてみてください。


→ 無利息期間のあるキャッシング会社ランキングはコチラ