借入 必要書類

借入申し込みに必要な書類

借入する際にはもちろん契約の申込みをしないといけない訳ですが、その契約に伴う書類というものが必要になってきます。
どこのキャッシング会社でも大体は同じですが、最低限「本人確認ができるもの」が必要です。
本人確認書類で使えるものは、代表的なもので言うと運転免許証ですね。
転居などで住所変更を行っている場合は、裏面のコピーも必要なので注意してください。
また、運転免許証を持っていない人は代わりとして健康保険証もしくはパスポートを提出する事で本人確認が完了します。
(書類は全て写しでOKです)

また、キャッシング会社によって規定は異なりますが、他社を含めた借入金額の総額が100万円を超えていたり一度に50万円以上の借り入れをする場合などは本人確認書類以外に、直近1ヶ月分の給与明細書や源泉徴収票など収入を証明する書類の写しが必要となる場合があります。
各キャッシング会社の公式サイトに契約に必要な書類が丁寧に説明されているので、事前に確認をして全て揃えてから来店するようにしましょう。

■無人契約機で契約する時は何を持っていく?
自宅周辺にキャッシング会社の店舗が無い!という人は街中に設置されている無人契約機を使って契約をする事も可能です。
無人契約機を使って申込みをする際も、必ず本人確認書類などを提出しなければなりません。
機械のナビゲーションに沿って操作をしてゆくと途中で「必要書類をセットして下さい」という指示があるので備え付けのスキャナに必要書類をセットし、機械に読み込ませます。
この時の注意点ですが、キャッシング会社によっては必要書類の原本でないと受け付けない事もあるので、念のため原本を持っていく事をオススメします。
また、無人だからと言ってあからさまに挙動不審な行動を取っていると、審査に通らない場合があります。
契約機内の監視カメラでリアルタイムに全てを見られているので、無人契約機の中に人が入っている!という感覚で申込み手続きをするようして下さい。

■インターネットを使った申し込みでも書類は必要
インターネットが普及し始めた事で、各キャッシング会社でも利便性を追求したオンライン申込みが盛んになってきました。
オンライン契約の導入当初は申し込みだけインターネットで済ませてから、店頭or無人契約機or郵送などで必要書類を提出する、といった形式でしたが最近では申込み・契約・借入の全てを一貫してオンラインで済ませるシステムが確立し始めています。
その際の必要書類提出方法は、書類を携帯電話やスマートフォンなどのカメラで撮影し、そのデータをキャッシング会社に送信するという至って簡単でシンプルな方法です。
この方法だと書類を持っていたら、移動中だろうが喫茶店でだろうが、いつでもどこでも手軽に申込みが可能です。
当サイトでランクインしているキャッシング会社でも、オンラインでの申込みを取り扱っているところが多数あります。
その一例をまとめてみましたので、ご参考にしてみて下さい。

<オンライン申込み・契約が可能なキャッシングサービス>

〇アコム
 ・書類は申込みページ内でアップロードする。(FAXでの提出も可能)
 ・会員サイトにログインして振込による借入が可能。
 ・カードは後日郵送される。
→アコムで借入申込みをする

キャッシング 08 125*125 〇プロミス
 ・書類はプロミス指定のメールアドレス宛てに添付する。
 ・会員サイトにログインして振込による借入が可能。
 ・カードは後日郵送される。
→プロミスで借入申込みをする