借入ある人 借りれる

既に借入がある人でも申し込みは可能?

結論からいうと申込みは可能です。が、既にある借入額などによっては審査に通らず貸してもらえない事があります。
既存の借入額が少なければ少ない程、新たに別のキャッシング会社から借り入れはしやすくなりますが、借入限度額が他の人よりも低くなったりと色々制限は設けられるでしょう。
また、2010年から改正された貸金業法(総量規制)の影響で、年収の3分の1を超える額の借入が法的に不可能となりました。
既に年収の3分の1を超える借入がある人は、他の消費者金融会社からお金を借りるのはまず無理でしょう。

しかし、この制限を無視できる方法が実はあるんです。
それは何かというと、銀行系カードローンです。
上に書いた貸金業法の総量規制はあくまで貸金業者(消費者金融やクレジット会社)を対象にした決まりなので、銀行からの融資に関してはこのルールは適用外となり、年収の3分の1以上の借入も可能となります。
これ以上どの消費者金融も貸してくれない!審査で毎回落とされる!といった人は一度銀行系カードローンに申し込んでみる事をオススメします。

■銀行系カードローンで借入をひとまとめに
銀行のカードローンは消費者金融のローンに比べて金利が低く、借入限度額が高いというのが特徴です。
その分審査が少しだけ厳しかったりしますが、余程の多額な借入がある人や過去に金融トラブルがあった人でない限り大丈夫かと思います。
そんな銀行カードローンの特徴を利用して、現在の借入を一本化すると色んなメリットがあります。

【メリット1】返済の手間がはぶける!!
 数社から既に借入があり、今回新たに銀行カードローンを利用するとなると、また返済先が増えて毎月の返済管理が大変です。
全ての借り入れを銀行カードローンにまとめる事で毎月の返済は1回のみとなるので、返済漏れなどを防ぐ事ができます。

【メリット2】金利が変わって返済が楽に!?
 今までバラバラだった金利を銀行カードローンにまとめる事によって金利が下がり、最終的な完済金額が大幅に下がる事が多いです。
例えば、現在A社から60万円を金利14%で、B社から100万円を金利12%で借入をしていた場合、銀行カードローンで一本化すると合計160万円の金利が9%(※各銀行によって設定利率は異なります)になり、5年間で返済すると考えると利息だけでも179,498円の差が出てきます。