借入 審査

借入の審査基準とは?

借入の申込みを実際におこなって本人確認書類などの必要書類を提出後、キャッシング会社からの審査結果を待つわけですが、この審査とは一体どういった事をしているのか。
融資を受ける身としては非常に気になるところではありますが、現状ではその審査の内容は完全に解明されていません。
しかし、だいたいの審査基準というものは次のように設定されているようです。

○年収
借りたものは返すのが当たり前ではありますが、返済能力が無ければ無い袖は振れません。
年収は申込者の返済能力をチェックする重要なポイントで、これが高ければ高いほど審査に通りやすく、また利用限度額の設定も大きくなります。
50万円までなどの低額融資の場合は特に必要ではありませんが、他社を含めた借入総額が100万円を超えている人や、50万円を超える契約をする場合には、給与明細などの収入証明書が審査の時に必要となる場合がある事から、審査の際には収入という部分が重視されている事がよく分かります。

○他社からの借入(過去の借入・返済履歴)
他のキャッシング会社からの借入残高や、過去の返済履歴なども実は審査では見られています。
借金の履歴なんて確認できるの?個人情報の保護はされていないの?と疑問に思われると思いますが、借入の契約をした時点でその情報は信用機関に送られ保管されます。
契約時の約款などにもその旨は明記されていますので、自分の借入履歴情報がどの信用機関で共有されているかを知っておくと良いでしょう。
(知ったところで、情報の抹消をしてもらうなどという事は出来ませんので、どうしようもありませんが把握はしておきたいですよね)
過去に返済の遅延を度々起こしてしまった!など事故履歴が残ってしまうと例え他社であろうと次の融資を受ける事が難しくなってしまいます。
返済の事を十分に考えて、計画的な融資を受けないといけません。

○住居の種類
大手のキャッシング会社では、基本的に担保や保証人は不要なところが多く融資を受けやすいですが、お住まいの住居も審査の対象となっていると思われます。
例えば、独身でワンルームマンションに住んでいる人と、配偶者がいて一軒家に住んでいる人では、やはり後者の方が審査に通りやすい傾向にあります。
年収などが同じ条件であったとしても、やはり賃貸の場合すぐに住所が変わってしまったり、毎月の家賃を支払う為に返済が滞る可能性があったり、とキャッシング会社も少し警戒をしてしまいます。
その点では持家の人の方がキャッシング会社も安心をして融資ができると判断をします。

○申込み時の言動
借入の申込みは、店頭、無人契約機、電話など色んな種類がありますが、店頭・無人契約機など自らが赴いて申込みをする時は特に気を付けて欲しいことがあります。
それは申込み時の挙動です。
店頭では係の人と直接お話をしながら申込みをしてゆきますが、ここで辻褄が合わない事を言ったり、嘘をついたりすると一瞬で見抜かれてしまいます。
ちょっと不審な人だなと思われてしまうと、利用限度額が大幅に下がったり、場合によっては審査に通らなかったりすることもあります。
また、店頭に行くときの服装などもチェックポイントの一つとなっています。
ボロボロな服装でいかにも返済能力がなさそうな格好ですと、第一印象悪くマイナスなイメージしか持たれません。
カジュアルな服装で申込みに行っても良いとは思いますが、できるだけ好印象を持ってもらう為にもスーツなどの着用が無難ではないでしょうか。
無人契約機には人は居ませんが、設置されているカメラで全てを見られているので、決して気を抜いてはいけません。


<銀行系より審査に通りやすい消費者金融系のおすすめキャッシング会社>

銀行系より審査に通りやすいと一般的に言われているのが、消費者金融系のキャッシング会社です。
そのかわり、銀行系の金融機関に比べて金利が高く設定されています。
当サイトでオススメの消費者金融系キャッシング会社を紹介しますので、銀行系で審査が通らなかった!という人は参考にしてみて下さい。

>>オススメの消費者金融系キャッシング会社ランキング<<