個人信用情報

お金を借りるならTOP > 個人信用情報

お金の貸し借り履歴を残しているのが個人信用情報

お金を何らかの形で借りている人の契約内容や支払状況などの信用情報を集約し、管理しているのが信用情報機関というところです。
ここで取り扱われている情報は大きく分類すると3つあります。

1.申し込み情報
クレジットやローンなどに申し込んだ際の住所氏名などの個人情報から始まり、商品名、利用予定金額、返済(支払)予定回数などを保管して、新規でクレジットやローンを組もうとする時に、過去にどんな内容で申し込みをした事があるのかを知りたい時に参照されます。

2.契約内容・支払状況
こちらも申し込み情報と同じく住所氏名などの個人情報が登録され、次に実際にクレジットやローンとの契約内容や、現在の借入残額、支払い状況などを詳しく登録されます。キャッシング会社が一番注意深く参照する部分ですね。
遅延情報などの審査に響きそうな部分もこの項目に登録され、登録内容の保有期間は取引終了後5年間となっています。返済トラブルを起こさないよう注意しないといけませんね。

3.利用履歴
信用情報機関に加盟している会員(クレジットカード会社やローン会社など)が該当者の支払い能力調査の為に照会したという事実を残しています。どんな会社がどのような目的で該当する個人の情報を参照したかという履歴が6ヶ月間残ります。

クレジット会社が一番参照したい部分は「2」の契約内容や実際の支払い状況の部分でしょう。
毎月返済が数日遅れてしまう!といったうっかりさんや、何か事情があって大幅に返済が遅れてしまった人は新たにキャッシング会社で契約する時の審査で落とさる確率が上がります。
既にどこかでキャッシングをしている人でも利用限度額の増額申請をした場合、この個人信用情報が閲覧される場合が多いので、できるだけ返済トラブルは起こさないように心がけましょう!
毎月きっちりと守られた金額の返済をして、自分に負担がかからないようコントロールのできた借入をしている人については「この人は信頼に値する」という好印象なステータスとなる事もあります。

キャッシング会社が加盟している個人信用情報機関はドコ?

キャッシング会社によって加盟している個人信用情報機関は異なりますが、現在日本に存在する個人信用情報機関は全部で3つなので、だいたい同じところに加盟している会社が多いです。

・株式会社日本信用情報機構(JICC)
消費者金融などの貸金業、保証会社、リース会社などが加盟しています。

・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
JICCと同じく消費者金融やリース会社など、信販会社やクレジットカード会社なども加盟しています。

・全国銀行個人信用情報センター
銀行や信用金庫、農協、労金などが銀行系の会社が主に加盟しています。

消費者金融では上の2つに加盟しているケースが多いですが、返済延滞、債務整理などの事故情報に関しては、この3つの機関で情報の提供をし合うシステムがあるので実質、上の3つの機関に情報が登録されたものだと思っていても良いでしょう。
消費者金融で返済トラブルを起こしても銀行だと情報も回ってないだろうから審査にも響かないだろう!と思っていたらどこからも借入ができなくなってしまいます。
過剰な借入は止めてきちんと計画を立てながら毎月確実に返済をしていくのが一番です。
少しでも返済の負担を減らしたい!という人は無利息期間が設定されているカードローンをオススメします。

⇒ 無利息期間があるカードローンを使いたい人はコチラがオススメ!