借金依存症

お金を借りるならTOP > 借金依存症

借金依存症ってどんな症状なの?

借金をしている人の多くは既に借金依存症に陥っている事が多く、そこから抜け出すのにかなりの時間とお金と努力が必要になってきます。
そんな借金依存症は、お金を借りる事に快感を感じて止められない!というケースではなく、買い物がしたい!ギャンブルがしたい!という衝動を抑えられずお金を借りてまで買い物やギャンブルにつぎ込んでしまう。いわば二次的な依存症と言っても良いでしょう。
借りたお金を直近の返済月に一括で返済できれば特に問題は無いのですが、大半の人は分割(リボ払い)などで高い利息+少ない元金を長期間ズルズルと返済している事でしょう。
返済期間中にも買い物依存症やギャンブル依存症が発症し、完済をしていないのに新たな借入をして返済期間が延びてしまう。
こういった負の連鎖を繰り返していくうちに「無くなったら借りればいい」というのが当たり前になり金銭感覚が麻痺し最終的には多重債務者となり首が回らない状態となってしまいます。
社会的にも非常に弱い立場となってしまうので気を付けないといけません。

■借金依存症になりやすい人の特徴■
・ネットオークションなどで熱くなりやすい
・細かいお金の管理が苦手
・意志が弱く他人の意見に流されやすい
・働いたら負けかなと思っている
・ギャンブル事が好き
・一発逆転の人生を送りたい
・安ければ不要な物でも買ってしまう

細かい部分を挙げるともっとありますが、これらの項目に当てはまる人はお金に対して常に緊張感を持ちながら日々の生活を送ってみて下さい。お金に対して意識的な生活をするだけでも借金依存症になるリスクは大きく低下するはずです。

借金依存症になってしまったらどうする?

何かしらの要因でもしあなたが借金依存症になってしまった場合だらだら返済は禁物!早急に手を打つ必要があります。
具体的に何をすればいいのかというと、

1.借金連鎖の要因をきちんと認識する
例えば、買い物・ギャンブルでの無駄遣いなど「自分がどうして借金依存症になったのか」を自覚して反省する事で現状の悲惨さを再確認する事ができます。

2.クレジットカード払いをやめる
クレジットカードはもしもの時には役立ちますが、後払いの買い物はついついたくさん買ってしまいます。金銭管理が苦手な人は財布のクレジットカードを机の引き出しに保管して使わないようにしてみましょう。

3.現在の借金を見直してみる
借金依存症の人は借金返済のために別のところから借金をするという状況に陥っている事が多いです。いわゆる多重債務者ですね。もともとお金に関しての管理ができていないのに複数社からの借入なんて管理できるハズがありません。
そんな時は現在の借入をどこかの銀行ローンなどに一本化するのがオススメです。
毎月複数回の返済が1回になるだけでなく、バラバラだった金利も統一され借入額によっては今の金利よりも大幅に利率が下がる事もあり、返済がかなり楽になります。
「借り換えローン」や「おまとめローン」などの名前が付けられているのでチェックしてみてください。

→ 借り換え・おまとめローンのオススメはコチラ