年金受給者 ローン

お金を借りるならTOP > 年金受給者 ローン

年金受給者でもお金を借りる事は可能?

現在の日本の年金制度では、基礎年金は65歳から、厚生年金は60歳からと支給される年齢が決まっています。
が、国の財政難などの影響により、この厚生年金受給年齢が65歳からと引き上げられたのは記憶に新しい事だと思います。
今まで60歳から年金生活をしようと生活設計を立てていた人にとってみたら大誤算!どうしよう!といったところですね…
国はそういった人達の為の措置として、60歳からでも厚生年金を受け取る事ができる特別支給という対策を打ちましたが、この特別支給の場合は支給額が少し減ってしまいます。

60歳以上となると体が弱り始め、病気になりがちなので、通院費や治療費などの出費が特に多くなってくると思います。
そんな突発的な出費が重なると、年金の支給額だけでは生活が苦しくなくなる時もあるでしょう。
もちろん今まで自営業や会社勤めなどでの貯蓄はあると思いますが、昔の金利が良い定期預金を解約すると勿体ないですよね。
そんな時に役立つのが消費者金融や銀行カードローンなどからお金を借りるという事です。
今、年金生活で定職についていないけどそんな人でもお金って借りられるの?と思う人も多いかと思いますが、実は年金を安定した収入と考える消費者金融や銀行などが増えてきていて、60歳以上の人でも申込み可能です。

何歳までお金を借りる事ができるのか

年金受給者などの高齢者にお金を貸すとなると、いつまでも継続して返済できるとは限りません。
そこで、消費者金融や銀行のカードローンなどでは申込み条件の一つとして年齢制限を設けているところがほとんどです。
当サイトで紹介しているキャッシング会社の年齢制限を例に挙げてみました。

新生銀行カードローン レイク → 20歳〜70歳
アコム → 20歳〜69歳
アイフル → 20歳〜69歳
日本保証フリーローン → 20歳〜64歳
オリックス銀行カードローン → 満20歳以上69歳未満
りそなプレミアムカードローン → 20歳〜60歳未満

中には60未満のところもありますが、大体は60歳以上でも借入の申込みはできるようですね。
ただ、申込みはできたとしても○歳までに完済しないといけないといった条件もあるので、借入額が通常よりも減ってしまったり、65歳を超えた時点で新規の借り入れができなくなったりといった決まりもキャッシング会社毎に決まっている事があります。
高齢でお金を借りたいと思っている人は、そういった点もよく確認した上で、有効利用できる会社を選ぶ事をオススメします。

当サイト厳選のキャッシングランキングはコチラ!