新生銀行グループ ノーローンとレイクの違い

お金を借りるならTOP > 新生銀行グループ ノーローンとレイクの違い

新生銀行グループキャッシング2社の関係と違い

今ではどちらも新生銀行の系列ですが、元々は下のように全く別々の会社のブランドでした。

・新生銀行グループ ノーローン ⇒ シンキ株式会社
・新生銀行カードローン レイク ⇒ 新生フィナンシャル株式会社(旧商号は「株式会社レイク」)

シンキが株式譲渡をした事により2010年に新生フィナンシャルの完全子会社となり、どちらも新生銀行グループとなりました。
新生フィナンシャルも元はGEコンシューマー・ファイナンスという会社ではありましたが、貸金業法の改正や過払い金返還請求訴訟などの影響により収益が悪化し新生銀行に会社自体を売却し2008年には新生銀行の子会社となっています。
さらに、2011年にはレイクのブランド名で、新生銀行のカードローン商品として事業展開をする事となりました。
事業譲渡や子会社化など、少し複雑ではありますが簡単に言う両方とも新生銀行の下で事業をしているので安心して利用できるという事です。

2社はこんな風に使い分けよう!

それぞれがどんな風に変わってどう使いやすくなったかは上で説明しましたが、元々あるサービスに関してもかなり魅力的なものがあります。
共に他のキャッシング会社と比べて無利息サービスに大きな特徴があります。

一昔前のテレビCMをご存知の人は知っていると思いますが新生銀行グループ ノーローンは1週間の金利が0円です。
しかも完済した翌月から1週間無利息が使えるので、うまく使えば毎月無利息でお金を借りる事ができます。
毎月給料日直前に少しお金が足りなくなる人にはもの凄くお得に使えるサービスですね♪

一方レイクは30日間無利息 5万円まで180日間無利息という無利息サービスがあります。
金利0円の対象額は5万円と少ないものの約半年間の無利息はかなり魅力的ですね。
5万円だけじゃ物足りない!あまり意味がない!という人のために、借入金額全額に適用する30日間の無利息サービスも展開しています。
どちらか好きな方を選べるので自分が一番お得に借りられる無利息サービスをチョイスしましょう。

⇒ 無利息サービスの特集コーナーはコチラ